2007年05月11日

AFP資格審査試験

AFPとはNPO法人日本FP協会が認定する普通資格です。

AFP認定者として名乗るためには、NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修の受講とAFP資格審査試験の合格が必要となります。

さらに、日本FP協会が定める「倫理規程」の遵守について約定書に署名した上で登録をし、ライセンス認定者には2年毎に更新が義務付けられています。

ファイナンシャル・プランニングを行うためには、高い職業的倫理観とその深い自覚が求められるからです。

現在、AFP資格審査試験は2級ファイナンシャル・プランニング技能検定(兼AFP資格審査試験)として行われています。

NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修の受講は試験合格後でもいいのですが、試験の受験対策の意味からはAFP認定研修を終了してから試験を受験することが合理的です。

資格スクールが行っている講座には、通学のほか、通信講座などがありますので、都合のよいものを選んで受講すればいいでしょう。

3級ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格すれば、2級ファイナンシャル・プランニング技能検定の受験資格は得られますが、NPO法人日本FP協会が認定するAFP認定研修の受講をしないとAFP認定者の登録はできませんので、くれぐれも注意が必要です

なお、AFP認定研修を修了するまでに提案書の作成について多く時間をかける必要があるかと思いますが、自分自身のファイナンシャル・プランニングに大変役立つと思います。

私の知人の中でも自分自身のために勉強を始めたという人がかなりいます。

posted by たちばなん at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41715322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。